■日程 2016/02/12(FRI)

■会場 セカンドサイト5F
[ 熊本市中央区花畑町13-10セカンドサイト5F ]

■TALK : Candle JUNE

■LIVE : 小久保淳平 / Coby / Kenshiro 他

■DJ : araking / Mickey / MiYAGAWA / DUB ATTACK / iida / Bagel Hashimoto / kinaco(高橋よしえ)/ mitsuyoshi 他

■VJ : Taku(&Chill)

■装飾 : 山中悠(Flower shop Green&Red)

■出店 : WHITE MODE CAFE / GREEN&RED /
Shop of Cookie Emi’s / のはら農研塾 / Greennote /
Cochi design and cafe / CAFE WALK / 蒲池眼鏡舗 / Tartelette / カミノウラ食堂 / Ladybug / ミドリネコ舎 他

■時間:18:00 OPEN(24時終了予定)

■料金:前売り 2,500円 / 当日 3000円 / 高校生1000円 / 中学生以下無料*学生証の提示をお願いします。
※入場時に別途ドリンク代として500円いただきます。

■前売りチケット取扱 : TSUTAYA 書店熊本三年坂チケットカウンター / JANJANGO(セカンドサイト1F)/ 各出店ショップ 他

■チケットWEB予約 : http://www.longsixbridge.com/

■予約・問合 : JANJANGO(セカンドサイト1F) 096-323-1121

————————–————————–————————–—–

◎ Candle JUNE
1994年からキャンドルの製作を始める。ギャラリーやサロンなどでエキシビションを開催し、様々なファッションショーや大型フェスティバル、ライブステージの空間演出を行っている。2001年に広島で「平和の灯」を灯してからは、「Candle Odyssey」と題し、悲しみの地をめぐる旅を始める。2004年の新潟中越地震後は震源地の長岡市で「SONG OF THE EARTH フェスティバル」を開催。そして2011年3月11日に起こった東日本大震災を受け、MINMI、若旦那と社団法人LOVE FOR NIPPONを立ち上げ、現在も毎月東北へ通い、精力的な活動を行っている。
www.candlejune.jp
www.lfn.jp

◎ 小久保淳平
2001年、東芝EMIよりメジャーデビュー。シングル6枚、アルバム2枚をリリース。
2003年にメジャーシーンを引退、2004年にオルタナティブロックバンド「THE SWiSH」を結成し自主制作での音源DVDをリリース。2008年にPCでのトラック制作と並行してソロでの活動を開始。2011年より現在のアコースティックギターでの弾き語を確立、震災以降この日本の現状に疑問をもちLOVE FOR NIPPON等の活動に参加。「FUJI ROCKFESTIVAL」「SONG OF THE EARTH」「LOVE SAVES the DREAM」「虹空」や「パサール満月祭」「FLOWER
CAMP」など大型フェスから各地のお祭まで幅広く出演
愛する家族と共に、2013年より拠点を東京から北九州に移し全国様々な場所へ精力的に歌を届けている。
2016年、いよいよフルアルバムを発売予定!!

◎ Kenshiro
熊本県出身シンガーソングライター。
2004年、高校卒業と同時にライブハウスなどでソロ活動を始める。フォーク、アコースティック、ジャズやボサノヴァから影響を受け、楽曲の制作を続けている。
各県でのLIVE活動をはじめ、高校の音楽の授業での講師等、音楽を通して、全ての出会いを楽曲で表現している
レイウェディング熊本TVCM 「father」
TKU若っとランド TVエンディング 「NANANA」起用中。

◎ coby
’97年より唄い手としての活動を開始。
地元・熊本でレゲエダブバンドやアコースティックユニット等を経て、現在はギター弾き語りに至る。
拠点である熊本はもちろん、全国のミュージシャンとの共演/交流がそのまま活動のスタイルとなっているシンガーソングライター

◎ 山中悠
『Flower shop Green&Red』、姉妹店の植物のみのお店『Green&Red racine』の代表の傍ら、数々のウエディングイベントでの装飾・ステージ装飾・店舗ディスプレイなども手掛ける。『花遊び』というライブでのパフォーマンスでは、ヘアーアレンジメント・音楽・花との融合で、数々のイベントに参加。

————————–————————–————————–—–

お待ちしております。
よろしくお願いいたします。